イオン 喪服

イオンでも喪服が買える

先日、ショッピングモールのイオンで買い物していたんですが、何気なく婦人服売り場を見ていたら喪服が売っていたのでビックリしました!『イオンで喪服が買える』ってイメージがなかったもので。。。

 

当たり前のことなんですが、お葬式って急な事なので、いざという時の事を考えて喪服を買っておこうかな…って思ってたとこなので、喪服を見たときは思わず足が止まってしまいました。

 

でも、イオンの喪服ってどうなんだろう?なんか安っぽくて質も悪いのかな〜って感じもしてしまいます。

 

実際にいくつか手に取ってみたんですが、第一印象はやはり「安い」って思いました。1万円代でワンピース型のブラックフォーマルが売っていましたからね。喪服って結構高いイメージがあったので、これはかなり安いなって思いました。

 

ただ、やっぱり金額は嘘つかないな…って印象もありますね。安いだけあって質はそこまで良くないだろうな、って素人の私でも思いました。

 

4〜5万円する喪服もあり、こちらは値段が上がるだけあって質も良さそうな感じはしたんですが、全体的に品数も少なくて正直なところ「う〜ん」って感じです。

 

喪服や礼服ってシンプルなので、色とか質ですぐに安っぽい感じが分かってしまうんですよね。それに、何着も買い替えるようなものではないので、できるだけ長く着用できるような喪服を選ぶのも大事だと思います。

 

かといって年に1回着るか着ないかぐらいの喪服の為に、4〜5万円ほど出すのはちょっともったいないなと。

 

あと、イオンの喪服は安いのは嬉しいんですが、質が良くなかったら結局また買い換えないといけない…ってなる可能性もあるので、やっぱりブラックフォーマル(礼服・喪服)の専門店で購入するのが良いということが分かりました。

 

ブラックフォーマル専門通販ショップ

ネットで喪服の専門店を調べていたら、いくつかのブラックフォーマル専門のネットショップがありました。

 

ブラックフォーマル専門というだけあって、デザインなども豊富です。実際に手に取って見る事は出来ないんですが、専門店なので質も良さそうな感じがしますよね。

 

実際に購入した人の口コミを見てみても、かなり満足度が高いのが分かります。

 

やっぱり喪服や礼服などは、専門店で買うのが一番良いでしょう!

 

お勧めのブラックフォーマル専門店

メアリーココ
メアリーココ

喪服・礼服の通販ショップで一番人気が、「メアリーココ」です。日本最大級のフォーマルウェア専門店となっており、デザイン数も豊富にあります。
ファッションデザイナーが運営している専門店なので、おしゃれというのもポイントです。1万円台と低価格の喪服もあるんですが、安いだけでなく、デザイン・質も優れていますよ。
フォーマルウェアだけでなく、バッグやアクセサリーなどの小物類もセットで購入できますよ。
サイズ展開も5号〜21号までと小さいサイズから大きいサイズまで取り扱っています。
サイズ・デザインで悩んだときは、試着サービスを利用することで、2着送ってもらう事が出来ます。気に入った方を購入し、もう一つを返送すればOKです。
サイズ補正・返品保障・全国送料無料・365日即日発送というサービスも嬉しいポイントですね。

 

ニナーズ
ニナーズ

ニナーズもレディースフォーマル専門店で人気のお店となっています。楽天ランキングで36カ月1位入賞し、累計15,000着を突破したという実績があるので凄いです。
この15,000着販売した商品は、クリスチャン&ダイアナのブラックフォーマルになるんですが、1万5千円ほどで購入できるんです。安いですよね。デザインもオシャレなので、これだけ売れるというのも納得です。
サイズ展開も、小さいサイズから大きいサイズまで品ぞろえも豊富に揃っていますよ。急ぎの方は、「あす着サービス」を利用することで、対象エリア内であれば最短翌日にお届けする事が可能なので、急ぎの方にもお勧めです。(※平日の0時〜15時までの注文)
500円で試着サービスを利用することも可能となっているので、デザイン・サイズで悩んだときは利用してみるといいでしょう。

 

ビー・ギャラリー
ビー・ギャラリー

創業35年 メーカー直売のブラックフォーマル(喪服・礼服)専門店の「ビー・ギャラリー」は、メーカー直売という事がポイントです。他の通販サイトよりも低価格で喪服を買う事が出来ますよ。
ブラックフォーマル・セレモニースーツ・お受験スーツなどといったカテゴリ別に探すことが出来るので、商品の検索も簡単。
8,000円以上のお買い上げで送料無料、15時までの注文だと当日発送が可能です。急にお葬式などで喪服が必要となった場合でも助かりますね。
フォーマルバッグ・袱紗・数珠・アクセサリーなどもあるので、セットで購入するのもお得ですよ。低価格の喪服・礼服をお探しの方は、ビー・ギャラリを利用してみるといいですよ。

 

喪服を選ぶ時に気を付けたいポイント
喪服だけでなく小物選びも重要

私の喪服は、某大手のスーツ服の専門店で購入しました。年齢とともに、今まで持っていた喪服がサイズが合わなくなってしまったのと、デザインも古かったので、買い替えを決意しました。

 

ちょうど、家族も同じタイミングで買い替えを考えていたので、一緒に店舗に行きました。

 

お店では、男性用と女性用のスーツを一緒に買うと割引になるキャンペーンを実施していたので、定価の20%引きで購入することができ、2着で4万円ほどでした。

 

前回の喪服がサイズアウトで着れなくなっていたので、今回の喪服はお腹周りが少しゆったりとしたデザインを選びました。スカートの丈は少し膝下ぐらいのものを選び、座ったり、立ち上がったりを繰り返しても気にならないものにしました。

 

座敷でお茶の準備をする際に、ほどよい長さのスカートだと安心して作業できますし、周りへの印象もいいかと思います。また、私は、小柄で腕も短いので、ジャケットの袖はボタンタイプではなく、折り返して着ることができるデザインのものを選びました。

 

お直しに出す必要がないので、こういったデザインは小柄な女性には、非常にありがたいものです。

 

そして、喪服の時に一緒に揃えておきたいのが、小物です。バッグや靴も定期的に状態を確認しておくことをオススメします。頻繁に使わないものは、劣化が早い場合があるので、注意してください。

 

あとは、黒の薄手のストッキングを用意してください。薄手の素材は伝染の心配があるので、必ず予備を携帯しておくと良いでしょう。また、ハンカチも落ち着いた色味とデザイン、派手なものを持つようにしてください。

 

喪服の方が大勢いる中で華やかなハンカチは悪目立ちしてしまうので、気を付けてください。最後にアクセサリーですが、女性は身に着けると女性らしさが出て良いと思います。

 

白かグレー系のパールのアイテムが喪服との相性がよく、品がありますので、オススメです。髪もキレイにまとめて、清潔感を出すことも忘れないでください。

 

長く着用できる喪服を選ぶ

私はお葬式で着用する喪服を、カウンセリングしてくれる店員さんのいるお店で購入しました。

 

社会人になって数年たってから、母親に「社会人なのだから喪服は用意しておいた方がいい」「いつ喪服を使う事になるかわからないので、早めに用意しておくべき」と教えられ購入を考えはじめました。

 

その当時20代初め頃の私の月給は決して高いものではなく、いつ発生するか解らないものへの出費名は正直痛いものでした。しかし、いざという時に装いに不備があって恥をかくのは嫌だったので購入を決意しました。

 

さて、いざ買うとなると、安い量販店ものからデパートの高級ブティックのものまで価格もデザインも様々です。どのお店で買えばいいのか?とても悩みました。

 

数件のお店で喪服を見て回りましたが、そもそも葬儀の経験が学生の頃数度しかない為、皆がどんな喪服を着ていたのか、どんなアイテムが必要になるのか全く想像が出来ていなかったのでどの喪服を見てもピンときませんでした。

 

イメージがわかないまま数件をはしごしつつ、もうどんな喪服でもいいから、次の店で買おう・・・と自棄になった私は、その次の店で喪服専門にカウンセリングしてくれる店員さんと出会うのです。

 

その店は決して高級な店ではなく、昔ながらの常連のご婦人たちが沢山くるような昔ながらの大型の洋服店でした。扱っている喪服も安くも高すぎもせず手の届く範囲でのラインナップで、なおかつ種類が豊富でした。

 

迷っている私に声をかけてくれた店員さんに予算等を伝えると、私の身長や体格に合う形の洋服を数点選んでくれたのです。そしてこう教えてくれました。

 

「洋服には流行がありますが、喪服はいつ着用することになるかわかりません。デザインはあまり体型が出ないものを選ぶと、齢を重ねても着用することができるのです。うまく体型がカバーできる形のものを買えば20代に購入した喪服を、40代、50代で着用することも出来ますよ」

 

一生で喪服を買う機会はそう無いことでしょうし、この店員さんのアドバイスには大いに納得できるものでした。私はその方のアドバイスを元に喪服と葬儀で必要になるアイテムを一緒に購入しました。

 

お数珠、肌の見えないストッキング、ハンドバッグや少し大きめの黒いサイドバッグも一緒に用意できました。アラフォーになった私は、今もその時に揃えた喪服を着用しています。

 

20代のころよりは葬儀に出る回数もぐっと増えました。正直体型は出産などを経て少しだけ増えて丸くなってしまいましたが、あの時に店員さんにアドバイスを貰ったおかげかあの頃の喪服はまだまだ現役です。

 

喪服は何着も買い替えるようなものではないと思うの、生地など長く着用できそうなのを選ぶのがポイントですね。

 

 

セレモニースーツの選び方
無難が一番

あまり着なれないセレモニースーツは、いざ用意するとなると悩むものです。子供がいると何かと着る機会も増えますが、かと言ってそんなに何着も買えません。

 

でも、卒園式・入学式などは、ほとんど同じメンバーばかりが集まるので同じものばかりも着ていけません。子供が複数だとさらに機会が増えます。そうなると、やはり数着を着まわすのが一番賢い方法かな、と思います。

 

私はジャケット1着、スカート2着、ワンピース1着で、何年もセレモニーの場面を乗り切っています。本当にしばらくセレモニー用の洋服は購入していません。

 

色は、もともとベーシックな紺やグレー、黒などが好きなので、自然にそのような服が集まったのですが、色をある程度統一しておけば組み合わせは問題ありません。

 

あとは、コサージュやバック、靴、アクセサリーで変化をつければ、意外と違った印象になります。入学式などは明るい色の小物を足せば、華やかになります。

 

卒園式・卒業式は、やはり暗めの色にしてくる方が多いようです。デザインも、やはりベーシックなものの方が無難だと思います。

 

ものすごく派手な方もたまにいますが、卒園式、入学式などは、やはり子供が主役なのでそれもどうかなと思います。母親らしく、歳相応のファッションが適していると思います。

 

「無難」な格好だと少し面白くないな、と思う方もいるかもしれませんが、普段慣れないものほど「無難」が正解です。

 

マナー違反に気を付ける

セレモニースーツやドレスはそのセレモニーによって気をつけています。

 

結婚式では、白色、黒色はマナー違反の為避けています。白色は花嫁とかぶってしまいます。黒色は暗いイメージです。

 

色は落ち着いた色でデザインは派手でなければ自分の気に入ったドレスにしています。招待された友人と別の結婚式に参加する場合は、ドレスを着まわさずに別のドレスにしています。

 

気をつける理由としては、やはり非常識と思われない為です。1度、夏にドレスは深緑色にしボレロを光沢のあるベージュにしたことがあります。

 

お店の方のおススメもありあまり考えずに購入してしまいました。特に誰かに注意されることはなかったのですが、後々インターネットで調べてみるとベージュは写真によっては白色に見えたりするそうです。

 

私の場合は問題ありませんでしたがとても気になりました。また、新婦によって嫌がる方もいるようですね。失敗したなとちょっと後悔しています。

 

お葬式では黒色でシンプルなデザインを選んでいます。結婚式とは違い、葬式では着回しをします。

 

結婚式でも葬式でも共通して気をつけていることがあります。それは、ドレスや喪服の下のインナーです。それなりに生地が厚ければ問題ありません。

 

しかし、生地が薄い場合パンツラインが見えてしまうので気をつけています。普段着でも気をつけています。

page top